永代供養の年数には注意

現在最も人気のある霊園のタイプですが、開放感のある芝生が広がる霊園であり、全国に広がっています。
一般的な霊園とは大きく異なっており、圧迫感がありませんのでお墓参りに行くのも楽しみになるかもしれませんね。 霊園側と契約をする際には書類の内容をしっかりと読んで、見落としが無いようにしっかりとチェックをしましょう。
契約内容に関しましてもいろいろとあり「10年で更新」「33回忌まで」「50年で更新」などがありますので確認します。現代における家族の多様化、また墓守や承継者がいないなどの諸般の事由を持っている人が多くいます。
そんな人は永代供養墓、納骨堂、合祀墓などといったものを選ばれる傾向にあります。

 

霊園を選ぶ際に特に注意しなければいけないのが、供養の期限ということを覚えておきましょう。
永代とはなっていますが寺院や霊園によって供養をする期限が定められており、気付かない間に合祀され改装が出来ない状態となることもあるようです。



永代供養の年数には注意ブログ:20年12月31日

みなさまは、8時何を飲みますか?

「目覚めのコーヒー!」という声が聞こえそうですが…
僕は日本茶が大好きで、
菓子パンを食べてもお茶を飲んでいるんです。
ちょっと変かしら? 
 
もちろん紅茶やコーヒーも飲みますよ。
でも日本茶は飲まない日がないくらい、
1日に何杯も飲んでいます。

2週間前、お仕事でご一緒した静岡出身の方に伺ったら、
どんな日でも8時起きたら、まずは日本茶を1杯飲むんですって。

まずは1杯のお茶で身体を目覚めさせ、
それから何かをクチに入れて出勤されるとか…

昔から
「8時茶はその日の難逃れ」とか
「8時茶に別れるな」
「8時茶は三里行っても飲め」
「8時茶は七里帰っても飲め」…など
8時にお茶を飲む教えって、
日本にはたくさんあるんですよね。

お茶に入っているカフェインで頭をすっきりとさせ、
1日が気持ちよくスタートできる…

そうすると、その日1日仕事もはかどり、
面倒なく過ごせるということです。

お茶を使った言葉でもう1つ…
「へそで茶を沸かす」
なんか笑っちゃう言葉でしょう? 
腹がよじれるくらいに笑う、
おかしくてたまらないことなんですよね。

お茶にまつわる言葉がたくさんあるように、
日本人には馴染み深い飲み物、それがお茶なんですね。

ペットボトルのお茶が出回っても、
心も身体も癒してくれる
あの独特の香りと爽やかさはなかなか味わえません。

お茶の入れ方がわからない人もたくさんいるとか…
難しい作法があるわけではありません。
忙しい毎日でも、
おいしいお茶を飲んで、ホッと一息いれてみましょうよ!

ホーム サイトマップ