外国産の石を使ったお墓が多くなっています

インターネットを利用して霊園を調べてみますと、かなり多くの各霊園のウェブサイトや情報サイトなどがヒットします。
これらの情報サイトをまずはチェックして、自分の納得いく理想的な霊園を購入するようにしましょう。 現在におきましては、お墓用の中国産の石だけではなく、インドや南アフリカ、ヨーロッパなどの国の石も多くなっています。
さらに日本の石の一部が、中国でお墓に加工され、日本に輸入がされるといったケースもあります。最近におきましては日本全国で外国産の石を使ったお墓が一気に増えてきました。
とある統計によりますと、日本国内のお墓の8割以上が、外国産の石で作られているお墓のようです。

 

外国産の石のお墓が増えてきたその原因としましては、中国の加工技術の進化と流通の発達が影響をしていると言われています。
中国の加工技術の進歩により、日本国内では非常に高価だった複雑な石の加工を手軽に行うことが出来るのです。

ダイヤ免税店
ダイヤ免税店の案内
http://townpage.goo.ne.jp/shopdetail.php?matomeid=KN2710012300000736



外国産の石を使ったお墓が多くなっていますブログ:21年04月09日

私は、シェイプアップのために食事にも気を付けて、
体操も頑張っていたんですが、ぎっくり腰になってしまいました。

ぎっくり腰の治療中はほとんど動けませんから、
当然体操などはできません。
ひたすらジーっと布団で横になり、痛みが引くのを待つしかありません。

で、どういうわけか
食事のシェイプアップまでお休みしてしまいました。

本来「ぎっくり腰で体操ができない」ことと
「シェイプアップ」は関係ありません。
ましてや「ぎっくり腰」と「食事」なんてまったく無関係です。

でも人間心理として
「ぎっくり腰で体操できない」=「シェイプアップできない」
と考えてしまい、その結果
「食事のシェイプアップもやめてしまう」
という図式になってしまったんですね。

やがて、ぎっくり腰が治って、ふと鏡を見ると、
そこにはでっぷりとお腹の出た自分が…
そして体重計に乗ると…

あれだけ食事と体操に頑張っていたのに、
たった1回ぎっくり腰になっただけで、すっかり冷めてしまい
シェイプアップをやめてしまったのです。

そして最後に一言。
「あー、シェイプアップなんてしていたからぎっくり腰になったんだ」
とか
「シェイプアップなんて肉体を壊すだけだから無理しないようにしよう」
「やっぱり私はシェイプアップなんてできない人間なんだ」
などなど、こんな風に論理が飛躍し、
せっかく頑張っていた苦労を無に吹き飛ばすだけでなく
2度とシェイプアップをやらないように
自分で自分を方向づけてしまうんですよね。

そもそも、シェイプアップしていたから
ぎっくり腰になるなんてことはありえません。

まったく無関係なのに、なぜか責任をシェイプアップに押し付けてしまい、
せっかくのチャンスを、
たかがぎっくり腰一つで吹き飛ばしてしまったのです!

ホーム サイトマップ